更新情報

あなたが生まれた日

家族の方々は、どんな思いを抱いたでしょう?筆者には、もう大きくなった子どもが3人いますが、とにかく感動で泣いた記憶が強いです。一番上の子の初日本語が、「パパパ」で、1文字多いお父さんのこと。感動しました。誕生日は、特別記念日です。元気な成長を願うのみです。いっぱい食べて、いっぱい寝んねして、いっぱい遊んで、大きくなーれ!!

2018-06-22

:結果オーライでした!

明け方の豪雨。心配したものの、今年の運動会は、ちょっと肌寒いながら無事に終了。なにしろ、学校並みの広さを誇るグランド。みんな思いっきり「実力」を発揮できました。いつもお願いしていることですが、終了後に重いテントの片付けに、すずらんさんたちのお父さんたちが力を出してくれ、大変助かりました。いつも以上に、仕事が丁寧で感謝しています。

2018-06-09

こういう遠足もまた良しとしましょう。

滝のような雨。誰が雨何とかとか、そんな小賢しさを一掃するような雨、雨、雨。毎年恒例の、原っぱで弁当というわけにはいかない。さっぱりあきらめて行ったのは、岩城消防学校横の「防災学習館」。これが、意外に良かったというのが率直な感想でした。親子で地震体験や消火体験など、親御さんのリードで行動できました。昔々、このあたりにも巨大地震があったことを参加者の中で実感しているのは、ほんの数人でした。これは、怖いことです。災害を他人事にするのは、危険なことです。

2018-05-18

春はやっぱり外がいいね!

サクラもチュウリップも咲いて、心ウキウキ!こんな時は、外遊び・お散歩を満喫します。寒くて縮こまっていた体をのびのび伸ばし、体いっぱいに春を受け止めています。観光エリアとしては、鳥海山ブルーラインも開通。雪の壁を眺めるもよし、仁賀保高原でおいしい牛乳と雄大な鳥海山を一望するもよし。子どもたちの笑顔もキラキラ輝きますね。

2018-05-02

おまわりさんたちが、やってきたよ!

恒例の「交通安全教室」が行われました。ふだん遊び回り、思いっきり体を動かしているホールも、信号や横断歩道などの町に大変身!みんなが交通事故なんかにあって被害を受けることのないよう、訓練をしました。まだ自分たちだけで外を歩くこともないかとは思います。しかし、小学校入学と同時に自分の足で、行き来します。そのギャップが大きくならないよう、これから様々な取組が必要です。
 

2018-04-19



Copyright © 学校法人仁賀保幼稚園 幼保連携型認定こども園 仁賀保 All rights reserved.