更新情報

親子遠足、楽しかったね!

今年は、「三望苑」でした。広い日本海、高くそびえ立つ鳥海山、そしてゆったりと流れる子吉川。この三景が一度に眺めることができる絶景の公園です。海から強い風が吹き付けていましたが、広場は穏やかで汗ばむ陽気でした。到着後、お弁当をよりおいしく食べられるよう、ダンスや手遊び、尻尾取りなど、みんなで楽しい時間を過ごしました。そして、青空の下でのおいしいお弁当。お腹いっぱいになったら、遊具や広場で思い切り体を動かしました。大型バス3台で行ってきました。最初の思い出ができましたね。

2016-05-13

こども園自己評価①

こども園は、「学校」と位置づけられ、学校と同様に自己評価を行い、学校関係者評価委員からアドバイスをいただかなければなりません。また、その内容の「公表」が義務づけられています。当園では、HP上で公表することになっていますが、まだ専用リンクを開設していません。そこで平成27年度分については、この「更新情報」の欄で公表します。公表は③まであり、長い文章が続きますが、どうぞご閲覧ください。
自己評価①:保護者アンケート(12月実施) 4,3,2,1の4段階評価
1,教育・保育における「育てたい子ども像」について
平均 3.52
自由記述では、連絡帳や面談、電話連絡等で子どもの様子が丁寧に伝えられているという感謝の言葉が多かった。「2」の評価は2名。保護者に対して当園の教育・保育目標に基づく育てたい子ども像を園としてより具体的に伝えていく機会をもつ必要がある。
2.子ども理解につとめた教育・保育について
平均 3.75
自由記述では、目がよく行き届いているという回答が多く、担任以外の職員も気軽に声をかけてくれるといった肯定的な意見が多かった。「2」の評価はなかった。保護者との更なるよりよい人間関係づくりを努めていきたい。
3.園行事・諸活動なついて
平均 3.80
自由記述では、それぞれの行事が成長につながっているという意見が多かった。「2」の評価は、なかった。今年度は、行事の運営をできるだけ保護者の負担にならず職員中心で行ったため、保護者の方々が楽しめる行事になったのではないかと考える。
4.家庭との連携について
平均 3.62
自由記述では、日々のコミュニケーションや連絡帳により連携しているなど肯定的な意見が多かったが、「2」の評価は3名。丁寧な個別の対応について改善すべき点があり、検討を要する。
5.安全等への配慮・情報の提供について
平均 3.61
避難訓練は、月に1回、確実に実施した。また、一斉メールシステムも機能している。「2」の評価は、1名。園としての安全への備えについて様々な手段により具体的に伝えていく必要がある。
※なお、どの項目においても「1」の評価は、なかった。

2016-04-27

こども園自己評価②

自己評価②:教職員(3月実施。パート職員含む)
当園教職員に対して、1年間を振り返って自己評価を行った。評価項目は40。4,3,2,1の4段階評価と自由記述による。その回答を通して、それぞれの分野での傾向をまとめた。
1.保育の計画性 平均3.09
園の教育・保育目標の理解はされており、幼保連携型認定こども園としての質の向上への意識は高い。
2.家庭との連携 平均3.05
常に保護者との円滑なコミュニケーションに努めているが、きめ細やかな対応については謙虚な評価が多かった。
3.教育・保育の実践 平均3.27
ほめたり、励ましたり、めあてをもたせるような言葉かけについての評価は高かったが、子どもの自主性を引き出す環境構成の創意工夫については課題意識をもっていることが読み取れた。
4.健康・安全・危機管理 平均3.20
毎月の避難訓練や発電機やAEDなどの機器の操作練習等を通して、危機管理意識は高い。緊急時に自分がすべき具体的な行動内容も周知徹底されている。
5.専門家としての資質 平均3.40
時間を守り、適切な身なりで職務に取り組んでいる。また、日常的な職員相互の意見交換により、職員がチームの一員としての自覚をもっている。
6.行事について 平均3.07
当園は、特色的な活動としてマーチングを行っている。さらに、幼稚園時代からの行事も継承されているので、負担感も大きい。それでも、子どもの成長を意識して、ねらいに即した計画的な取組をしている。
7.園内外研修 平均2.83
勤務がシフト制になり、今までのように全員が集まって研修会や会議をすることが困難になった。そのため、低い評価となっているが、誰もが向上心をもって学ぶ姿勢をもっている。
8.分掌・体制 平均3.02
年度後半に、未満児の入園が相次ぎ、人手不足感が増した。しかし、職員配置は手厚く、それぞれが自分の職務内容や全体的立場を理解して、園の運営に関わっている。
<考察>
こうした調査の質問項目は、どうしても自己反省を促すものになりがちで、肯定的な評価よりも否定的な評価になってしまう傾向にある。評価は、次なる実践に役立てるために行うものである。改善点を指摘するのはよいが、改善方法まで立ち入った建設的な考え方で臨みたいものである。平成28年度は、未満児が多い状況でスタートする。今までのものの見方を一変して、活動のひとつひとつを新しい視点で捉えていきたい。

2016-04-27

こども園自己評価③

去る3月26日(木)に当園会議室にて「学校関係者評価委員会」が開催されました。園長から経営説明、教頭から保護者アンケートの説明、副園長より教職員自己評価の説明が行われ、以下の通り指導助言をいただきました。それを基にして、改善策を立てました。

1.指導助言(評価委員)
○子どもの個性を伸ばす芸術的(創作的)な取組を望みたい。他の保育園等の話を聞くと、高橋宏幸賞への応募など、外への発表の場を設けているそうである。こども園でも園まつりなどで内輪の発表の機会はあるが、特に未満児が外へ発表する場がないのではないか。認定こども園の特性を広く知らしめるためにも、外への発信を意識する必要があると思う。
○こども園の先生方は、自分のクラスの子ども以外にも気軽に名前を呼んで声をかけてくれる。これは、とてもありがたいことだ。すばらしい先生方ばかりで、どの先生に自分の子どもをお願いしてもよいと思っている。こうしたことを時あるごとに、他に話してはいるが、認知度は高いとは言えない。こうした「人材」のPRも不足しているのではないか。先生方とのコミュニケーションがあれば、入園させたいという声も聞く。何らかの方法で先生方と会える機会を多くする手段は、ないだろうか。
○すてきな先生方で、安心して子どもを任せることができる。行事予定表にある盛りだくさんな行事の数々をこなしていく子どもたちもすごければ、それを教え導く先生方もすごいと思う。子どもの育ちに配慮した活動が数多く実施されているが、例えば「ドロンコ遊び」のような、家ではできないような活動の機会を得られたらありがたいと思う。
○お年寄りとの交流は、お年寄りにとっても子どもたちにとっても相乗効果を生み出す良い活動であると思う、
○園児数が多ければ多いほど良いというわけではなく、小さい規模なら小さいなりの、ほどよい数という考え方もできるのではないか。一人一人に丁寧に接するということに注目している。 
○先生方の姿勢がとても良い。特に「子ども目線」で接している姿については、見習うべきことだ と考えている。これは、幼稚園時代から変わっていないが、今後も変わりなく続けていってもらいたい。また、自己評価にあるとおり、先生方の勤務に対する真摯な姿勢にも感服している。これを広く他に伝えていくには、どうしたらいいのだろうか。口コミという手段以外に、園として考えていただきたいものだ。

2.自己評価と関係者評価に基づいた改善策  
○当園正面の道路から、園児の姿は見えない。日中の活動中でも、園児がいるのかどうかわからないような構えになっている。安全上は万全であっても、「敷居が高い」イメージは払拭できないままである。また、今年度から始まった「子ども・子育て新制度」による「幼保連携型認定こども園」の特性についても、広く知らしめることができずに1年が過ぎた。保護者アンケートも含めた自己評価および関係者評価は、いずれも好意的・肯定的な意見が多かった。しかし、こうした当園の「よさ」が内輪だけの共有になってしまっているのは、残念なことである。目を外に向け、平成19年からの認定こども園の長いキャリアを広く外に示すべきである。来年度は、その模索の年としたい。
○職員会議および研修については、実施日を年間行事計画に明確に位置付け、確実な実施に努めていきたい。また、勤務態勢により正職員全員が集まるのは困難なため、具体的な内容については、未満児・以上児のブロック別会議や学年会議を組み合わせ、職員間の共通理解を図る機会をもつこととする。全体の職員会議は年2回に絞り、総括の機会と位置付けていく。
○園としての自己評価につながる保護者アンケートや教職員自己評価を実施したい。組織の一員として園の状況を捉える視点をもち、個人的なマイナス面を反省することだけにとどまらず、園を成長に導く声を生かせるようにしていきたい。

2016-04-27

PTA参観日・PTA総会

ポカポカ陽気の日、本年度最初のPTA行事が行われました。年度当初には、様々な連絡事項や書き物があり面倒をおかけします。どうぞ、トラブルや不都合なく、スムーズな1年間にしていくため、ご協力をお願いいたします。そのための長話におつきあいいただき、ありがとうございました。こうした機会に、保護者の皆様どうしの「横のつながりをしっかりとしていければ幸いです。また、新しい役員の方々には、ご難儀をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。なお、当園ホームページのPRをどうぞよろしくお願いいたします。

2016-04-23



Copyright © 学校法人仁賀保幼稚園 幼保連携型認定こども園 仁賀保 All rights reserved.